治療の一次選択薬

血管を拡張する事が出来る作用によりこれまでに多くのED罹患者の性交に役立てられてきたED治療薬バイアグラとは、世の中に初めて誕生した最も古い薬剤でその国際的な誕生を1998年とし国内での処方が開始されたのが1999年になり、二十年近く経った現在でも多くの方が本剤に頼っていると言われ、国内罹患者数は軽度の方を含めても推計で1800万を超すとされ、年々増加しているとも言われ若年層にも広がっている事からED治療薬の活用機会は多くなっているとされています。
EDの原因は血管の弛緩が不十分となり海綿体への血液の流入が低下する事によるとされており精神や体に起こる事が要因となると考えられていますが、そのどちらが要因であってもバイアグラは有効となるとされ要因の改善を行う事は出来ずあくまでも局所作用とされますが、勃起状態を抑制する人の体に存在する5型のホスホジエステラーゼ酵素を阻害する事で男性の方が興奮を催したり性的な刺激を脳で感じ取った際に体内分泌が行われるcGMPを優位状態にする事で血管が弛緩され拡張される事で上記の原因を改善し硬度を持続する勃起状態の発現となります。
血管の広がりは血液循環を良くする事になるので一時的に血圧の低下が起こり、その際に副作用症状として顔面に紅潮が起こる事や火照りを感じるあるいは軽度の頭痛等が殆どの方に起こると言われていますが、こういった副作用は血管が広がった即ち効き始めの合図と考える事が出来るのでこういった症状が現れれば性交を営む事が出来ると考えられ、避ける事の出来ない副作用になりますが気にし過ぎる程のものでは無いので安全に使用する事が出来ます。
バイアグラを含めED治療薬は国内での購入方法は医師の処方のみとしており保険適応外の治療となる事から費用負担が大きく敷居の高い治療となりますが、2013年からは承認された後発薬が誕生したので男性の方誰もが適切な治療を低価格で行う事が出来るとされています。